ペインクリニック

ペインクリニック

ペインクリニックでは、痛み・しびれ等を専門に治療しています。
長引く痛みに困っていたら、ぜひペインクリニックを受診して見て下さい。

ペインクリニックあまりなじみのない科名ですが、「ペイン=Pain」とは英語で「痛み」を表す言葉です。ペインクリニックは、「原因がわからずに突然痛む、病名はわかっているが慢性的に痛む」というような様々な痛みに対する診断・治療を総合的に行います。

ペインクリニックは診療科としては麻酔科に属し、麻酔科医の「痛み」や「麻酔薬」に関する専門知識と技術を応用した神経ブロック療法や光治療器による療法、漢方を含めた薬物療法を主な治療法として、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛、ぎっくり腰、首や腰の椎間板ヘルニア、帯状疱疹後神経痛、肩・手足・腰・膝などの痛みやしびれ、外傷後の痛みなど“全身の痛み”を治療します。

ペインクリニックの有効性

整形外科系の疾患による痛み

整形外科系の疾患による痛みには、脊柱管狭窄症や首・腰のヘルニア、肩関節症、変形性膝関節症といったものがあります。こういった疾患による組織の炎症や傷が痛みをまず発生させ、その痛みが自律神経の1つである交感神経を刺激して、血管を収縮させて血液の流れを悪くし、更に次の痛みを作り出すという「悪循環のサイクル」を作ります。何らかの原因で痛みがずっと続くと、血管を開いて炎症を直す方向に身体が向かず、この悪循環は繰り返されます。ペインクリニックでは、繰り返しの神経ブロック療法によってこの悪循環を断ち切り、薬の効いている間に血液の流れを良くすることで傷んでいる神経を修復し、痛みをとると同時に炎症も鎮めていく治療をします。

自律神経の働きが関係している痛み

自律神経の働きが痛みのきっかけや悪化に関係していることがあります。例えば、ストレスは交感神経を常に緊張状態にし、その結果、末梢血管が収縮して血流が悪くなり、頭痛やめまい、耳鳴り、突発性の難聴、首筋が張る・肩が凝るなどの症状を起こしてしまいます。ペインクリニックでは、「星状神経節ブロック」がこういった症状の改善に非常に効果があります。

神経の傷つきによる痛み

元の病気は治っているにも関わらず、痛みだけがのこっている場合があります。たとえば、帯状疱疹は治ったが痛みだけが残ってしまった「帯状疱疹後神経痛」、骨折・手術後などの長引く痛み。これらは神経そのものが傷ついたり、変化したことによって起きる痛みです。治療に時間が掛かる場合も多いですが、神経ブロック療法とお薬の併用などが効果を上げています。特に帯状疱疹に関しては、帯状疱疹後神経痛に移行させないためにも早い時期からの神経ブロック療法が効果を発揮します。

≫詳しいペインクリニックの対象疾患についてはこちら

ペインクリニックで治療できるその他の疾患

眼瞼(まぶた)けいれん、顔面けいれん:

眼瞼(まぶた)けいれん、顔面けいれんの治療も行っています。3-4ヵ月に1回のボットックス注射が症状改善に効果を発揮します。

顔面神経麻痺:
顔面神経麻痺は、顔面神経が何らかの原因で炎症を起こして循環障害に陥ることで発症します。ペインクリニックで顔面神経麻痺の治療ができることはあまり知られていません。薬のみの治療で回復が思わしくないケースなど、顔面神経とその周囲組織の血流を改善する神経ブロック療法は効果が期待できます。治療は少しでも早く開始したほうが効果的です。詳しくはご相談ください。

ペインクリニックの有効性

神経ブロック療法神経ブロックは、痛みなどのある患部に局所麻酔薬を注射して、痛みの神経伝達を一時的(通常2〜3時間効いています)に遮断することで、痛みの発痛物質ができないようしたり、発生した痛み物質を洗い流すことによって、症状を緩和させ、より早く障害されている部位を治すことを目指した治療法です。

神経ブロックに使う薬は局所麻酔薬です。神経ブロックの種類、痛みの状態、年齢などによって、お薬の濃度や量を選択して用いています。局所麻酔薬は、歯医者さんの治療などに使用されるものと同じで、ブロック注射をした後、一時的に患部が痺れたようになりますが、時間がたつと必ず元の状態に戻る安全な薬です。

治療は、通常は1ヶ所の注射で済みます。神経ブロック療法の処置時間はおおよそ2〜5分ほどですが、注射の後、30〜40分休んでからお帰りいただきます。この治療を週に1〜2回行い経過をみていきます。治療回数や通院期間については、痛みの程度や原因によっても異なりますので詳しくは医師にお尋ねください。

ペインクリニックの実績

神経ブロック件数

当クリニックは2004年に開業。ペインクリニックでの神経ブロック件数は、年間11,000件を超え、その他の注射を合わせると年間14000〜15,000件、延べ16万件を超える実績となっています。

ブロック名 2011年 2012年 2013年 2014年
星状神経節ブロック 2,083 2,732 2,411 2,322
仙骨部硬膜外ブロック 2,459 2,433 2,460 1,436
腰部硬膜外ブロック 2,395 2,415 1,925 3,186
頸・胸部硬膜外ブロック 33 21 71 128
ボトックス(顔面けいれん・眼瞼けいれん) 10 8 6 7
眼窩上神経ブロック 14 26 123 187
眼窩下神経ブロック 9 7 30 23
おとがい神経ブロック 1 9 53 33
大腿神経ブロック 16 11 6 3
トリガーポイント注射 3,874 3,305 4,158 3,638
肩甲上神経ブロック 220 436 341 199
浅頸神経叢ブロック 105 123 177 167
肋間神経ブロック 18 0 1 3
後頭神経ブロック 33 56 25 20
その他(膝・肩のヒアルロン酸関節注など) 3,617 3,707 3,299 3,287
合計 14,887 15,299 15,086 14,639

光治療器による治療

宮沢クリニックでは、神経ブロックの補助療法として、光治療器による治療も行っています。

キセノンレーザー(キセノン光線治療器)

キセノン治療器による光治療天然元素の1つであるキセノン(Xe)が発光する時に生じる光の波長を利用している治療器です。この治療器の特徴は、皮膚を透過した後、約40度の角度で拡散し、他のあ電気治療器などに比べて身体の深部(最大5〜7cm)まで光線が到達することができます。
その結果、生体の痛みによって緊張している交感神経を緩和し、滞っていた血液の流れを良くすることによって「発痛物質」を患部から洗い流し痛みを緩和します。

治療は患部に直接キセノン光を10〜15分ほど照射します。患部がポカポカと温かくなり、心地よい温熱感が持続します。

スーパーライザー(近赤外線治療器)

スーパーライザースーパーライザーは、光の中でも最も生体の深部に到達しやすい波長帯の近赤外線(0/4〜1/6um)を高出力でスポット状に患部に照射できる心地よい温感のある光治療器です。

治療効果は、キセノン治療器とほとんど変わりませんが、発症したばかりで皮膚症状の強い帯状疱疹の痛みの緩和や、特に自律神経症状の改善を目指している方などには効果的です。


光治療器はこんな症状の方におすすめです

・腰痛、膝の痛み、肩こり、五十肩、むち打ち症、帯状疱疹後神経痛、頭痛、関節リウマチの痛み、テニス肘、坐骨神経痛、腱鞘炎、骨折や捻挫などの外傷後の痛みなど

・花粉症による鼻水・鼻づまりなどの症状緩和、アトピー線皮膚炎の皮膚症状の緩和

・自律神経失調症による不定愁訴
頭痛、めまい、耳鳴り、眼精疲労、目のかすみ、首筋が張る、肩が凝る、過敏性腸症候群(便通異常)、多汗症、動悸、冷え性など

治療期間について

光治療器では、注射による神経ブロック療法ほど、痛みの緩和に即効性は高くありませんが、週に1〜2回の治療を繰り返すことで徐々に効果が現れてきます。

世田谷区,ペインクリニック,コンテンツ
  • ドクター紹介
  • クリニック紹介
  • ペインクリニック
  • 心療内科
  • アクセス・診療時間
  • よくあるご質問
  • 初診の方へ
  • リンク集